Skip to Main Content

 English

日本

RGAリインシュアランスカンパニー



日本支店のマネジメント

Ozaki_Arthur
アーサー尾関
日本における代表者兼最高経営責任者
RGAリインシュアランスカンパニー
日本支店

アーサー尾関は、RGAリインシュアランスカンパニー日本支店の日本における代表者兼最高経営責任者です。グローバルな金融サービス業界においておよそ30年のキャリアを有し、そのうち20年以上は日本において投資銀行のM&Aや銀行業務部門の統率に従事してきました。とくに自動車、工業、ヘルスケア、および金融サービス等のセクターにおいて、多数の日本企業や多国籍企業に戦略的かつ変革的な金融取引のアドバイザリー業務を提供していました。尾関は2016年にRGAに入社しました。

RGAに入社する以前は、マッコーリー・グループに8年間勤務し、マッコーリー・キャピタル証券会社のトップをはじめとして、カントリー・マネージャー、支店長、会長等、要職を歴任しました。尾関は、投資銀行業務、資本調達、自己資金投資等、複数部門にわたり日本での事業の発展を指揮すると共に、同グループの日本の投資先企業においていくつもの取締役を兼務しました。

それ以前は、UBS証券株式会社において、マネージング・ディレクターやジャパンM&Aアドバイザリー・グループの共同代表者等、数々のシニア・マネジメントの責務を担いました。また、2001~2004年には、ラザード・フレールの日本事業においてマネージング・ディレクター兼代表取締役最高経営責任者を務めていました。尾関は、JPモルガンの責務により1994年にニューヨークを離れ、東京に赴任した時から日本を拠点にキャリアを積んできました。同社の日本におけるM&A業務の基礎を築き、2001年までマネージング・ディレクター、M&Aアドバイザリー・グループの代表者、投資銀行部門最高執行責任者等の要職に就いていました。

尾関は、マサチューセッツ工科大学をコンピューターサイエンスおよび工学専攻理学士として卒業し、シカゴ大学ビジネススクールからMBAも取得しています。
 

Wassenaar_Jaqui
ジャッキー・ワッセナー
チーフマーケティングオフィサー
RGAリインシュアランスカンパニー
日本支店
ジャッキー・ワッセナーは、チーフマーケティングオフィサーとして、RGAリインシュアランスカンパニー日本支店のマーケティングをすべての側面から指揮し、お客様がビジネスチャンスを特定し、成功を実現するご支援を促進しています。ワッセナーは、RGAリインシュアランス・カンパニー・オブ・サウス・アフリカにおいて、クライアント・ソリューションズ・アクチュアリーとして7年間勤務した後、2015年に日本に赴任し、現職に就任しました。南アフリカの業界調査では、ビジネス開発担当マネジャーの上位者にランキングしたこともあります。
 
ワッセナーは、保険・再保険業界において15年におよぶキャリアを有します。RGAに入社する以前は、モーメンタム・コレクティブ・ベネフィットのプライシング部門において、団体生命保険のプライシング、およびHIV/AIDSに関する基礎率の策定やモデルの開発に従事していました。それ以前は、コンサルティング会社であるサンラム・コンサルタント&アクチュアリー(現シメカ・コンサルタント&アクチュアリー)にも勤務していました。
 
ワッセナーは、ステレンボス大学を卒業し、保険数理専攻商学士を取得しました。南アフリカ・アクチュアリー会の正会員であり、同会の様々な委員会に貢献しています。


大島 由子
常務執行役員
&ヘッド・オブ・パブリックリレーションズ

ゴードン・ガーフィールド
チーフプライシングアクチュアリー


坂本 章
執行役員&チーフアンダーライター
渡邉 靖久
執行役員&チーフファイナンシャルオフィサー 
x